買い物カゴ
  • HOME
  • スペリオルワン開発秘話

3者の異なるプロ達の情熱と意気の結晶。Suppon Biotech ※1 スペリオルワン開発秘話

古来、貴重な薬膳素材として食されてきたスッポンから
化粧品が生まれた意外なきっかけとは?
究極の素材との出会い、そして近畿大学が動いた理由とは?
スペリオルワンに秘められた開発ストーリーをご紹介します。

高品質の秘密は、
高校生が育てたスッポン?

水産物の可能性を広げたい。
そして、未来の水産業を担う学生が育てた
養殖魚の素晴らしさを伝えたい。
その思いから、かねてよりウナギやスッポンを
食材として販売していたことが始まりでした。

“大阪の台所”黒門市場で60年余の歴史を持つ鮮魚店の老舗、新魚栄(しんうおえい)。
新魚栄ではもともと、スッポンを一口大にさばいた「高級鍋セット」を取り扱っていました。

昔から漢方や薬膳料理などにも用いられていたスッポンは良質なたんぱく質、必須アミノ酸、ビタミン類が豊富。特に、エンペラ(甲羅の縁の部分)はフカヒレのようにプリッとしていて、最高級コラーゲンの塊です。料理や健康食品に活用するだけではもったいない…そんな思いが、新魚栄社長の網干貴之にはずっとありました。

「スッポンのコラーゲンを活かして新しい商品はできないものか」と網干社長が考えあぐねていたある日、「スッポンコラーゲンで化粧品を作っては?」という常連の女性客から寄せられた声をヒントに、化粧品としての可能性を探り始めたのです。

スペリオルワンの主原料であるスッポン。実は、静岡県立 焼津水産高校 栽培漁業科の生徒さんが2年間をかけて「じっくり育てたスッポン」です。
そもそも平成18年から、新魚栄の事業の一環として、この高校が育てたウナギを商品化し販売していました。

未来の水産業を担う学生たちが手塩にかけて育てたウナギは、プロの目利きから見ても、天然物と遜色がないほど味が良く、品質が非常に高いのです。学びの場で生まれたこの素晴らしい食材を広く知ってもらいたいという気持ちがあり、商品化して世に出す仕事をライフワークの一つとして続けていました。

うなぎの養殖で培った方式を「スッポン」にも。
じっくり時間をかけて育てた結果、美しい「緑色」に。

何よりも品質を最優先にし、本当のおいしさは確かな素材から生まれるものだと考えている網干社長は、焼津水産高校のスッポン養殖の取り組みと情熱に惚れ込みました。
通常の養殖産業では、早く大きく育てるために抗生物質を餌に混ぜています。また、飼育の手間を省くために農薬を使用することさえあります。

しかし、焼津水産高校では抗生物質も農薬も一切使わず、自然環境に近い状態で、スッポンにストレスを与えずに通常の約2倍の2年がかりで育てます。高校生が毎日手間をたっぷりかけて育てたスッポンは、美しい「緑色」をしているのです。

さばいてみると通常の養殖スッポンだと黄色っぽい脂が、雪のように真っ白。これは薬剤を使わず、健康的に育った証です。実際に食べてみると、一般的な養殖のスッポンと比べて身質が分厚く、よりプリッとしています。

今回、化粧品の材料として採用したのも、焼津水産高校で愛情込めて育てられた、安心・安全なスッポンです。成分を分析すると
質の良いコラーゲンが2~3倍多く含まれていることがわかりました。その中から選び抜いた「最適な部位」だけを厳選して使用しています。

近畿大学との連携で商品が誕生

近畿大学薬学部に持ち込まれたスッポン。
抽出に成功した天然コラーゲン(保湿)は、
「高純度」かつ「最高級」のものでした。

焼津水産高校より提供されたスッポンから、コラーゲンを抽出する最もよい方法を検討する。この難題をご担当いただいたのが、近畿大学薬学部医療薬学科の多賀淳准教授を中心としたチームです。大学としても化粧品材料の開発経験は少なく、安心・安全を徹底する必要がありました。
はたしてスッポンから「高純度のコラーゲン」を抽出・精製できるのか?実際に行われた過程は以下のとおりです。

  • 「焼津水産高校のスッポン」の各部位のコラーゲンの質と
    含有量を測定。化粧品材料に最適な部位を選び出す
  • 特殊な技術で不純物※を取り除いた上、熱と振動を与えて
    高純度のコラーゲンを抽出
  • 抽出したスッポンコラーゲンを精製

※コラーゲン抽出時に一般的なたんぱく質が混じると、アレルギー反応を起こす可能性があります。


スッポンの3部位のうち、スペリオルワンで
使用している箇所は甲羅の縁にあるエンペラのみ。
エンペラは甲羅を支えるクッション部分なため、
特に強くて良質なコラーゲンが集中しているのです。

純度の高い安心・安全なコラーゲンを抽出するために、まずはスッポンを3部位に分割し、各部位ごとに含まれるコラーゲンの質と含有量を調べました。70%以上の含有量があったのは、甲羅の縁にある「エンペラ」だけ。エンペラは甲羅を支えるクッション部分なため、特に強くて良質なコラーゲンが集中しているのです。

そこで、1匹からほんのわずかしか採取できない、この希少な「エンペラ」部位だけを集めてコラーゲンを抽出することにしました。抽出に際しては抽出溶媒3条件,抽出温度4条件を試し、前処理の脱灰・脱脂についても最適化を行いました。

さらに、アレルギーなどの副作用が出ないよう、コラーゲン以外のたんぱく質、調合や保存の際に化粧品の品質に変化を起こす可能性のあるミネラル分(塩類)や脂肪分を、徹底的に除去するのにも約1週間かかりました。また、大きな分子構造のコラーゲンは慎重に抽出・精製を行わないと細かく分解してしまうことから、大きな分子のままで抽出・精製する方法を試行錯誤しました。

こうして、保湿性を保つとされる分子構造の大きなコラーゲンについて、純度の高い部位を特定して抽出・精製することに成功。この技術を活用することで、安心・安全な高純度スッポン天然コラーゲン(保湿成分)を化粧品材料として使うことがついに可能となりました。

厳選した有効成分のみ配合。
化粧品業界の常識を打ち破る、スッポンコラーゲン化粧品の誕生へ。


キラキラと輝きを放つ精製された
生コラーゲン。ハリ・潤い不足による
女性の悩みに応えます。
※写真はイメージです

原材料へのこだわりはコラーゲンだけではありません。近畿大学薬学部で抽出した高純度の水溶性スッポン天然コラーゲン(保湿成分)・加水分解スッポン天然コラーゲンに、醤油や清酒などを作る天然麹から生み出された 世界初の天然ヒト型セラミドと、世界一高貴な香りと言われるブルガリア産のダマスクローズオイルを配合しました。

天然ヒト型セラミドは人のセラミドとほぼ同じ分子構造で、最も効果のある超長鎖型を含んでいます。そのため、合成ヒト型セラミドの3倍、植物セラミドの15倍という優れた保水力を持っているのです。

こうして、老舗鮮魚店、水産の未来を担う高校生、近畿大学薬学部という異なるプロ達がタッグを組み、原材料にとことんこだわることで、世界でも類を見ないオンリーワンのスッポンコラーゲン化粧品がついに誕生したのです。